早寝早起き

生活習慣とは日常的に繰り返している行いのことで、この行いが体に悪いものであれば病気や肥満などにつながってきます。この生活習慣の行いで正しいとされているものは、まず朝は決まった時間に起きて朝日を浴びます。そして夜寝る前にはカフェインが入った飲み物は避け、夜更かしせず規則正しい睡眠をとります。更に毎日適度にウォーキングや自転車などで運動を行い、食事は野菜・魚を中心にした塩分控えめのものにし、お酒を飲み過ぎないようにすることです。

 

まずは、早寝早起きを習慣付けましょう。簡単そうに思うかもしれませんが、生活習慣にするには大変難しい習慣です。
日頃のライフサイクルを見直す必要があります。わずかばかりの時間でも、積もり積もると平気で1、2時間経ってしまいます。省ける行動は省いて、ライフスタイルを見直すことで、9時台に就寝して5時台に起床するのも夢ではありません。健康的な生活をすることで、食欲を抑制したり、空腹時間を設けることができます。